タグ:自家現像 ( 20 ) タグの人気記事


2017年 09月 21日

an outcome from working in a dark room

d0072001_23104379.jpg先週行った暗室作業からの一枚。

2時間半で焼けたのは4枚。今まで2時間で6枚を目標にしていたが、自分には無理と白旗をあげることにした。
1枚に1時間掛かったコマ(コレでは無い)があると、もう残り時間で5枚なんて無理。結果、残りのコマの追い込みが甘くなります。2時間で6枚だと、同一条件で焼けるコマが複数無いと無理だなー。
今後は、きっちり2時間で4枚焼ければ良い方だ、位に目標を下げる潔さが必要と感じた今回の暗室作業でした。

Photo Data:
 Hasselblad 500 C/M, Distagon C60mm 1:3.5
 /TMAX400(400TMY-2)/XTOL 1+1

ブログ村に参加しております。一票よろしくお願いいたします。にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ



[PR]

by mon21mon | 2017-09-21 23:44 | Comments(7)
2017年 09月 14日

He looks like ... 2

d0072001_23231340.jpg 前の投稿と同じような格好で同じ服装、同じ一本のネガに写った写真だが、日時も場所も全く別に撮ったもの。この赤いTシャツは彼のお気に入りなのだ。

彼の大好きなものはウルトラマン。この赤いTシャツもウルトラマンの赤にちなんで好んで着ている。
大きくなったらウルトラマンになって地球を救うと言っている。
素晴らしいことなのだが、親としてはそんな過酷な仕事を選ばんでも、と思う。

Photo Data:
 Hasselblad 500 C/M, Planar C80mm 1:2.8
 /TMAX400(400TMY-2)/XTOL 1+1

ブログ村に参加しております。一ポチお願いいたします。にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ


さて、タイトルの・・・に入るものは、もちろん、cleverとかそんな類の単語ですよね。親バカですから。

週末は、暗室に行こうと思っていたが、どうやら台風に邪魔されそうな感じだ。
[PR]

by mon21mon | 2017-09-14 23:43 | Comments(4)
2017年 09月 08日

He looks like ...

d0072001_22393682.jpgレストランにて。
お食事を待つ間に、お絵かき中。
何かとても真剣。大作に違いない



Photo Data:
 Hasselblad 500 C/M, Distagon C60mm 1:3.5
 /TMAX400(400TMY-2)/XTOL 1+1





ブログ村に参加しております。一ポチお願いいたします。にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

このフィルムは残り2枚のところで、彼にマガジンを引き抜かれることに。
カチャっと音がした瞬間にストップができたので、感光したのは最後の一枚だけ。計3枚のダメージで済んだ。
iPhoneやデジカメで撮った写真がすぐ見れる事に慣れている彼には、もしかしたらマガジンを取り出せば写真が見れると思ったのかもしれない。半分は正しいのだが・・・
勿論、せきにんはじぶんにあるのだ。
[PR]

by mon21mon | 2017-09-08 23:45 | Family | Comments(4)
2017年 08月 30日

a girl in an open space

d0072001_23162532.jpg雨上がりの広場で見かけた女性。




Photo Data:
  Rollei35SE
  /400TX/XTOL 1+1


ブログ村に参加しております。一票よろしくお願いいたします。にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]

by mon21mon | 2017-08-30 06:42 | Comments(2)
2017年 08月 27日

None title

d0072001_23161026.jpg橋にかかる光の帯。


スキャンでは簡単に表現出来るこの光の帯も、暗室で再現するのは難しい。焼き込みにも限界があるし、部分的にコントラストを調整する事も難易度が高い。
Photo Data:
  Rollei35SE/Tri-X/XTOL 1+1


ブログ村に参加しております。一ポチお願いいたします。にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

暗室の親父が言っていた。
「なるべくスキャンのデータは見ないようにしている。最近のお客さんは、スキャンした画像を持ってくるんだ。そうすると、こっちもその印象に引っ張られる。スキャンと暗室処理とでは、仕上がりに異なる部分が多いから、悩んで結局良いプリントが出来上がらない。ネガだけに向き合った方がよっぽど良い仕上がりになるんだよなー。」
と。でもなー、ベタ起こしからL版、6切りまで、全て暗室処理をするのは、今の自分には時間的に限界があるよなー。
[PR]

by mon21mon | 2017-08-27 11:00 | Comments(8)
2017年 08月 10日

Rain, rain, rain

d0072001_00014385.jpg青春!


話変わって、先日久々の暗室で、0号フィルタを初めて使う羽目になり、最近の現像がダメダメだなーと反省した(まー、変な増感をせざる負えなかった結果なので仕方がなかったかもだけど。でもスキャンではその事に敏感にはなれなかった事には反省。やっぱり暗室にいかないと・・・)
ここ最近疑問を感じていた現像結果は、XTOLが好みではないのかも、と言う結論に。やっぱり次はD76 1+1 からかなー。
また、薄いと感じていたネガは、当たり前のことに、実効EIが低いのではないか?と言う結論に。
実効EIを真面目に測らないといけないなーと当たり前の反省。
コントラスト云々は、-5EV 〜 +5EVをネガ上で表現できるようになってからの話だと自戒中。

Photo Data:
Leica M2, Summicron 2/50mm/T-MAX400
D76 Stock 20 deg. C

[PR]

by mon21mon | 2017-08-10 00:44 | Comments(2)
2017年 07月 22日

None title

d0072001_00073141.jpg前にも同じ所で撮ったことがある旧い石段。
光が射してきたので、一枚パチリ。

やはり入れていたフィルムを勘違いした関係でせざる負えなかった増感による変なコントラストは、なおしようがありませんね。

Photo Data:
  Leica M2, Summicron 50mm 1:2.0
  /Across100
  /XTOL 1+1


ブログ村に参加しております。一ポチお願いいたします。にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]

by mon21mon | 2017-07-22 00:43 | Comments(2)
2017年 07月 14日

Waiting for Fall

d0072001_01144111.jpg モミジの実は、もうこんな時期(6月)から実をつけて落ちる時(秋)を待っているのですね。

さて、Acrossなのにこのハードトーンは・・・。
前の前の投稿で書いた失敗した露出とそれを救うための現像の結果であります。
いや、やっぱりただ単に美しくない光を見ていただけなのかもしれません。


Photo Data:
  Leica M2, Summicron 50mm 1:2.0
  /Across100
  /XTOL 1+1


ブログ村に参加しております(久々にブログ村バナーつけてみました)。一ポチお願いいたします。にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]

by mon21mon | 2017-07-14 23:42 | Comments(2)
2017年 07月 08日

Jizos are looking at . . .

d0072001_01143354.jpg 何時も穏やかな表情を浮かべている並んだお地蔵さんたち。

初夏には紫陽花に囲まれ、秋には紅葉に囲まれている。

お不動さんに訪れる人たちを優しく見守ってくれているようだ。

Photo Data:
  Leica M2, Summicron 50mm 1:2.0
  /Across100
  /XTOL 1+1

続けて、もう何枚か more にて。

奥の茶室へ
[PR]

by mon21mon | 2017-07-08 01:18 | Comments(6)
2017年 07月 02日

Young leaves

d0072001_01143689.jpg6月のある日。
久しぶりに、一人でカメラを持って歩ける時間があった。

お不動さんのアジサイを見ながら、境内を散策した。

秋には見事な紅葉を見せるこの場所も、雨上がりの若葉が瑞々しく光を透かしていた。

Photo Data:
  Leica M2, Summicron 50mm 1:2.0
  /Across100
  /XTOL 1+1



若葉と言っても6月ではすでに種もできてるし、青年と言った感じだろうか。

さて、よくあることなのだが、
いやいや、こんなことがよくあっては困る。過去に2度ほどやっちまったのだが・・・。
途中からTRI-Xを詰めていると思い込んでいたのだ。撮り終わったと思って開けてびっくり。
当然、前半はISO100相当、後半は400相当で露出。さて・・・。

AcrossとXTOL1+1のデータを眺めてもEI400はない。STOCKで見ても、EI100とEI200の差に対してEI400は突然現像時間が長くなる。
まー、つまりいくら頑張ってもEI200までの現像力しかないということか・・・と思い、EI200相当の時間で現像することに。
ところが、20度Cで始めた現像が終わってみれば22度Cに・・・。この時期の温度管理は難しい。結果、EI320位にはなったのかも・・・。

水洗いが終わって、干すために吊り下げたネガを見た時の感想は。
え?やっぱりTRI-Xだったと一瞬思った程、TRI-Xに似通ったコントラストだった。
今時高くなったTRI-Xの替わりにACROSSが使えるかも!なわけないですね。
こればっかりは、プリントしてみないと、どんな素性のネガになったのかわかりません。
スキャンでは如何様にも自分好みになってしまいますし。
[PR]

by mon21mon | 2017-07-02 01:43 | Comments(2)