2018年 04月 15日

Remember me

d0072001_00304874.jpg昨日は、家族でRemember meを見てきました。
ミゲル少年の歌とギターが祖先と家族みんなをつなぐお話。

一弦が切れっぱなしで放り出していたギターに一弦をはりました。

竹内ピストルさんによれば、一弦二弦が切れるのは、まー仕方のないことでしょう。三弦もまー仕方のないこと。
ということなのですが、スチール弦の話なんだよねー。一〜三弦にナイロン弦をはるクラシックギターでは基本四〜六弦が切れて、ナイロン側が切れることはあまりない。

よほど、何か不徳のいたすところなのでしょうか。
Photo Data:
  Nikon D700
  AiAf Nikkor 50mm 1:1.8


ブログ村に参加しております。一票よろしくお願いいたします。にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ




普段、自分ではデジカメで撮った写真をわざわざモノクロにするということはほとんどしません。なんでカラーで撮ったのに?と思うからです。
でも、これはモノクロにすることを前提で撮ってみました。
むむっ! 難しい!
モノクロ初心者になった気分。
モノクロフィルムを詰めていると、カラーからモノクロへの変換は結構運任せな感じのところはあります。
青空はとびやすいので、Y2フィルターをかけるとか、新緑にグリーンエンハンサーをかけるとか、赤は以外に黒くなるとかを知ってはいますが、その他の部分を意識することは多くはなく、結果隣り合う色の違いがあまり出ていないことがあります。

背景のブラックウォッチとかはご愛嬌ですが、このギター、これでも相当真面目に撮ってみたのですが、なんか全然うまくいきませんでした。もっと、表面板を暗く表現したかったのですが、露出を落とすだけではうまくいかないので、色味が変わるように撮って見ましたが、光の反射具合によって変わる色味(黄色く見えたり赤く見えたり。黄色いともっともっと明るい感じになってしまいます)を変えても、パソコンでカラー別に変換具合を変えてみてもさっぱり思うようになりません。
自分のソフトからは、彩度からの変換と輝度からの変換の2種類があるのか探せませんでしたが、そちらは試してみませんでした。



d0072001_00305230.jpg1983と同じギター。
サインももう消えかかっていました。Tatuo? Kato 1983 サインが消えかかっていてもうよく読めません。
制作ナンバーはもっと読めなくなっていました。
そもそもは、このサインを撮ってみたくてカメラを取り出して見たのですが、こちらは一枚目よりさらに難しく。
1983を撮った時は、くっきりとサインが見えていたのに。時の流れは、いろいろなものを消し去っていくようです。でも自分にとっては、大事なギター です。

写真家(作家)の方は、多くの方の記憶に残る写真を撮っておられます。芸術かどうかという議論は多々あるようですが、多くの方に感動を与え、記憶に残る写真を撮りおられることにはまちがいないでしょう。そして、いくばくかはその名前も記憶に残っていくでしょう。
写真舘の写真というのは、またそれとは別の職人さんなのだと思っています。きっかけは、子供の七五三の写真を撮ってもらったこと。親子写真、お着替えやシーンがえも含めて多数の写真を撮っていただきました。とても良い記念になりました。そして、いやースタジオで次から次と子供や、結婚や卒業/入園などの、人生の節目を次々と、失敗なくとっていくというのは職人以外何者でもないと思ったのです。
職人さんがとってくれた、他の誰に価値がなくても、自分にとっては大切な写真。

何を言いたいのか漠然としたイメージのまま書いてきたが、ここまで書いてきても考えがまとまらないようです。


話を変えて、
ある日、飯塚達央さんの白い夜を探していたら、気になる写真が引っかかった。
昔から素敵な笑顔を撮られる方だなーと思って見ていた方だった。
とても映された方にずっと大切にされるであろう写真を撮られる方です。

少人数でも良いので、自分も誰かの心に残る写真を撮れるようになれたらと思います。
[PR]

by mon21mon | 2018-04-15 08:41 | Comments(11)
Commented by cranberryca at 2018-04-15 12:26
こんばんは☆彡
コレが噂のギターですね (* ´艸`)
モノクロ写真を撮るためのカラーフィルターが色々あるようで
勉強しなくちゃ~と思っているところです。
以前、ネットでちょこっと情報をゲットしたものの
自分で試してみないと記憶に残りそうにないです(汗)
ギターの写真を撮るのは難しそうですね ('◇')ゞ
かなり前の話ですが息子が弾いていたバイオリンを撮影した時
思い通りに撮れなくて悲しかった記憶が蘇ってきました。
また、チャレンジしてみようかな ♪
誰かの心に残る写真… 撮れたら良いですね ♡
大昔、東京の写真館で撮ってもらった成人式の写真
カナダに持ってきたんですが
今思いだすと、大判のフィルムカメラを使用していて…
失敗が許されない状況で綺麗に撮れるのは
本当に職人技だと思います!
当時、すっごい高い値段を出した記憶があるけど
大判フィルムカメラで撮影 & 8x10 のカラープリント
それほど高くはなかったのかも知れません (;´∀`)
Commented by mon21mon at 2018-04-15 15:14
☆cranberrycaさん
こんにちは。
確かに、情報として知っているということと、実践したことがあるというのは非常に大きな差ですね。
体験したことがないと、とっさの時に引き出しから引っ張ることができませんしね。
結婚式の記念写真、大判で撮ってもらったのですね。
アンソニーと言う大判のカメラが昔ながらの写真館にはよくありましたね。
昔行っていたSX-70と言う中古カメラ屋さんにも置いていました(売り物ではなかったですが)
ある、写真家の方が写真館で使われていたアンソニーのことをさして、幸せを撮ってきたカメラ、
と言っておりました。まさにそうですね。
Commented by noblivion at 2018-04-15 22:17
ギターは自宅で練習できるので、羨ましいです。
私はサックスだったので、練習するときはいつも橋の下でした。(´;ω;`)

デジタルでモノクロを意図して撮ること、努めてやらなくっちゃ、と思ってます。
RAWで撮って、後からモノクロにしたものって、な~んか純度が低い感じです。
とは言いながら、いい加減なモノクロ変換も多いのですけどね。(;・∀・)

最近友達からもらった赤外線改造コンデジは面白いですね。
普通に撮ると派手なマゼンタ色の写真が撮れちゃうので、白黒設定にしてあります。
もはやカラーは撮らないと決めて、撮影に臨めるので、フィルムカメラみたいな感じで使えます。^^
Commented by dialogue2017 at 2018-04-16 00:51
今晩は。
エンハンサーフィルターを使ったことがあるなんて今どき原始人ですね(笑)。
僕の知っている限り、モノクロ作家で作品撮影にフィルタを使っている人はいません。
ほとんどの人はRolleiflexで撮っていますが、みなフィルターを使いません。

作家は、みな自分のトーンの出し方を知っていますからね。
「自分のトーン」を確立するまではそれなりの時間を費やすようですが、
一旦確立してしまった後にはもう大きな迷いはないように見受けられます。
撮影も、フィルム現像も、プリントもひとつのシステムになってしまっていますから。

作家が迷うこと無く撮れるようになる"ポイント"が何であるか、
実はあのウクレレについての話でそれを書くつもりでいるのですが、
ここ数日大きな問題点に気がつきました。
ブログを訪問して下さっている方々に写真の基礎的なことをご存じない方々が結構いると。
そうなると、どのレベルで書いて良いのか悩ましいというか、
そもそも書こうと思った話は「上級者向け」だと気がついた次第です。
で、書けなくなって悩んでいます(笑)。

ギターの写真が思うように撮れなかった原因は、光がフラットだからだと思います。
光がフラットである上、画角の中の被写体の反射率が揃ってしまっていると思います。
そうなるとコントラストが無くなり眠い写真になりますよね。
この辺りのことも、「自分のトーン」と言う話しに繋がっていく話です。

デジカメのモノクロモードで3ヶ月ぐらい撮りまくってみたらどうでしょう?
それからフィルムに戻った方がいまの壁を早く越えられるように思います。
Commented by dialogue2017 at 2018-04-16 02:12
monさん。
参考になるだろうと思い、ギターの写真を撮ってブログに上げました。ご参照下さい。
https://dialogus.exblog.jp/27200923/
Commented by mon21mon at 2018-04-16 22:00
☆黒顔羊さん
こんにちは。橋の下で、サックスですか?
ソニー・ロリンズみたいですね!もっとも、ロリンズのそのアルバムはもっていないのですが、ロリンズは一番好きなテナー奏者です。
意外性というところで、実は私は尺八をやっておりまして、尺八では会にもよると思いますが最低音をいかに迫力あるように鳴らすかというのは課題なわけです。
ロリンズの低音の迫力はどのテナー奏者にも負けないのではないかと思います(数人しか聞いたことがないのですけれど)。好きな理由は、あの低音です。
あ、デジカメインフラ見てますよ!楽しそうですね。
Commented by mon21mon at 2018-04-16 22:16
☆dialogue2017さん
こんにちは。あ、流石にエンハンサーは使いませんよ。持ってませんし。知識としてと言うことです。y2位は使わないとと思って、一本だけ使ったことがありますが、黄色い視界に慣れることが出来そうもなく、それ以来使ってません。
赤外線様に、フィルムとフィルター用意しましたが、それも持ち出していないままなのです。何か飽きた時のお遊びでしょうか。
今時フィルムを使って色々実験と言うのは、フィルムで無ければ意味がない実験じゃ無いと時間の無駄だと思います。フィルムを使ったフィルムならではのお遊びは意味がありますね。
ソフト系のフィルターも、1〜2回使ってみて、成る程と思った程度です。それでもデュートは興味がありますが。
さて、宿題は解けてませんが、答えを教えてもらったとしても自分でやって見ないことに、なんの進歩にもなりませんね。
時間を見つけて色々やってみます。
Commented by mon21mon at 2018-04-16 23:06
☆dialogueさん
あ、追加です。
こんな感じなので、長くやっていながら、自分も初心者の様なものなのです。
光をコントロールすると言うことに、初心も上級も無いのだと思います。
一番お伝えしたいことを、描きたい様に書いて頂ければ、良いのではないでしょうか。皆さんそれを待っているのだと思います。
Commented by dialogue2017 at 2018-04-17 01:13
mon21monさん。

「追加」の最後の一文、ありがとうございます。
私は貴方の変に格好を付けない率直な人柄が好きなのです。
そういう点では渡部さとるさんに似ています。
彼は、自分の「格好悪さ」とか「非力さ」を恥じること無くブログに書くんです。
そういう彼の率直な人間性が私はとても好きなんです。
機会を探して、いつかmon21monさんに渡部さんを紹介したいと思います。

結局、その道の熟達者である「師匠」につくのが早道なんです。
僕が今書いているようなレベルの知識は、多分「2B」では一番最初に教えていると思います。
2B出身者の中でも熱心に写真に取り組んでいる諸君は、僕より遙かにいろいろなことを知っていますから(笑)。

とにかく、楽しい「教材」を提供していただいたと思っています。
昨日は、ここ最近ではアクセス数が一番多かったです(僕にはどうでも良いことですが)。
たぶん、「面白い話だな〜」と思って見てくれた人が沢山いるのだと思います。
それもこれも、mon21monさんがコメントを下さる形を通して、
私に「やる気」を起こしてくれたからです。

たぶん、この辺りのことをクリアしたら、
mon21monさんの撮るモノクロフィルム写真が少し変わるだろうと思います。
例の渡部さんが撮ったウクレレの写真の話しについても数日中に書くつもりです。
そのあたりの話をmon21monさんが咀嚼して下さったら、
mon21monさんの「光の捉え方」が少しずつ変わっていくだろうと思います。

私は、写真なんて下手くそでも構わないと思っています(私自身大して上手くないし・笑)。
でも、mon21monさんは向上心をお持ちなので、少し勉強して下さい(笑)。
いつも色々とありがとうございます。
Commented by dialogue2017 at 2018-04-17 02:10
尺八をやっておられるというのには驚きました(笑)。
Commented by mon21mon at 2018-04-17 22:41
☆dialogueさん
こんにちは。まー、楽しい教材には、出来の悪い生徒が必要ですから(^_^);;
率直と言われて、成る程、自分の写真の印象はそうかと思いました。勿論、文書やコメントの事と理解しておりますが、それは少なからず写真に滲んでいるはずだと思うのです。翁桜さんの真面目さの様に。
素直さ、飾り気の無さ、悪くいえば、田舎臭い。
成る程。ありがとうございます。大事にしていきたいと思います。
Hクラスも少し考えましたが、今の生活リズムでは難しいようです。その分、思いつく度に、自分で宿題を出して見ているつもりですが、こなす数より、増える数の方が多いようです
あ、尺八の方は、人間国宝に師事しております。
こちらも出来の悪い弟子でして練習の方はさっぱりなのですが。
https://monscafe.exblog.jp/10617688/
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Wao!      Test potograph >>