2018年 05月 27日

Before and after recital, 2

d0072001_14393458.jpg発表会前


Photo Data:
  Pentax 645,
  T-MAX400
  TMAX-DEV 1+7 :
    20deg C. 12min


ブログ村に参加しております。一票よろしくお願いいたします。にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ









d0072001_14392866.jpg


d0072001_14392316.jpg


d0072001_14391719.jpg


d0072001_14391049.jpg





d0072001_14390322.jpgそして、発表会後

ビデオを見ながら

[PR]

by mon21mon | 2018-05-27 15:06 | Family | Comments(10)
Commented by purebliss at 2018-05-27 16:08
緊張と安堵と・・・
なんとも言えない空気感が いいですね
最後 ママの膝の上で リラックスして かわいい^^
満足のいく 演奏が出来たのかな♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-27 16:36
お~、素敵なモノクロームのスナップです。^^
家族写真はやはり写真の王道ですね。
おとうさんが慈しみながら家族の写真を撮る・・・いいなあ。
前にも言ったかもしれませんが、平成の写真とは思えません。
昭和ののどかで暖かな香りが漂ってます♪
Commented by mon21mon at 2018-05-27 23:50

☆pureblissさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
ピンぼけ量産なのですが、何となく、コンサート前の楽屋裏的な感じで、数を並べる方が雰囲気が出ると想いました。
発表会後は、まーこのほんわかした感じが出れば、一枚で十分かなー。
この、最後の写真の甘えん坊の感じが無くなったら、親は嬉しい反面、寂しさ100倍ですね。
Commented by mon21mon at 2018-05-28 00:40
☆黒顔羊さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
家族は、まー何と言うか、撮り飽きることはないですからね。
写真の王道と言えば、もう一つ記念写真が有ると思うのですが、記念写真の方はあまり撮ってきていないのです。これは、少し反省しています
Commented by dialogue2017 at 2018-05-28 13:52
こんにちは。
私が言うと微妙な話になってしまいますが(笑)、
なんとなくハッセルで撮られている写真より良い感じに思えます。
最終的には645Nを手に入れられたら良い写真が撮れるのでは無いかと思います。
まあ、手に馴染むかどうかということがありますが。

ちなみに、私は息子の「幼さ」が1日でも早くなくなって欲しいと願いました。
私は「武士」が育てるようにして息子を育てました(笑)。
私は、3歳以後、息子を「だっこ」したことがありません。
3歳の時に転んで膝から血を流して涙を流したとき、「泣くな!」と怒鳴りつけました。
息子は、クラスメイトの親たちから「2歳上のうちの子よりしっかりしている」と言われるほど成長が早かったです。

娘は息子とはまったく違う育て方をしました(笑)。
Commented by cranberryca at 2018-05-28 22:47
おはようございます ♪
ママの膝の上で寛ぐ息子さん、可愛いですね~ (≧▽≦)❤
次男も小学校低学年くらいまでは
時々、私の膝の上に乗ったけど、重すぎて…
「早く降りて~!」と言った事を懐かしく思いだしました(笑)
今では家族の中で一番大きい(身長も体重も)次男(19歳)
パパ大好きで、パパにめっちゃ甘えてます(爆)
頻繁にテキストしたり、電話したりして
パパのことを My best friend と言う羨ましい関係
男同士で語り合えることが沢山あるみたいです。
小・中・高、パパと同じ学校だったから
色々分かり合えることが多いし…
私は、ある意味、育った環境が違うから
理解できない事があるし
年齢的に、私とは微妙な関係を保っているので
あまり真面目な話はしてくれず、おちょくられています (;´∀`)
Commented by mon21mon at 2018-05-29 00:36
☆dialogueさん
こんにちは。
写真をアップして、コメントを頂いて思ったのは、ハッセルで撮っていたのは動きのない写真であり、pentaxで撮ったのは動きのある写真で、その辺りがピンぼけでもこちらの雰囲気の方が良いとと言う事なのかなー、お言う事です。取り回しの軽さが自然とそうなったのかなーと言う気がします。
勿論それだけにピンぼけばかりなのですが、動きを予測してピント合わせをしなければならないと言う事で、オートフォーカスとか関係なく、中判でそれをしようとしたらマニュアルで予測して合わせれる訓練をしないといけないのだろうなと想いました。まー、自分にはそんな芸当は難しそうです。
兎に角、触って気付くことばかりで、楽しく使わせていただいております。
自分はここ2〜3年出張が多く、最近でこそ息子も慣れてきましたが、不安定な時期もありました。それ故に厳しさ甘さのバランスは難しく、絶対的な一線以外は、甘めになる事が多いのは否めません。それでも、ママよりパパが怖いと言われております。最近は慣れっこのようですが。
Commented by dialogue2017 at 2018-05-29 00:58
なるほど。ハッセルと645の違い、納得できる分析です。
ウエストレベルファインダーって、機動性が無いんですよね。
ファインダーがレンズの軸線の延長にあることが人間の視野に一番適しているのです。

AFでも動いているモノを撮るのは難しいですが、それでもマニュアルよりは断然便利です。
僕は、子どもの写真はデジタルで撮る方が良いと思っています。
先日、Susetlineさんとも話題になりましたが、
フィルムで撮ることに意義を感じているのは父親本人だけですから(爆)。

寧ろ、中判では「作品」的な写真を撮られる方が良いように思います。
もちろん、ご本人がやりたいようにやることを否定するつもりではありませんが。

僕はもしいま日常的にフィルムで子どもを撮るとしたら迷わず35mm判を使いますね。
AF性能の高いフィルムカメラを選びます。
中判で撮るとしたら、動かないでくれるのが条件かな(笑)。

今後の写真、楽しみにしています。
それは、僕がカメラを貸したからと言うこととは100%関係なしにです。
カメラとフォーマットが変わってどう変わるか楽しみです。

645が一段落したら645Dを送りましょう。
こっちは、期間限定貸し出しとなりますが(笑)。
ただし、AF使えますよ。まあ、あまり素早くはありませんが。

そうそう、上の子を甘やかさない秘訣は、下の子を作ることです。
こればかりは選べませんが、女の子だと最高です(爆)。
Commented by mon21mon at 2018-05-29 07:16
☆cranberrycaさん
こんにちは。
友達のような次男君とパパですか。いいですね。自分は、息子とどんな関係になるのかさっぱり見当つきません。
今の保育園に転園した時の入園式で、園長先生が『私の赤ちゃん』と言う、絵本を読み聞かせてくれました。お母さんが、赤ちゃんを抱っこして、『私の赤ちゃん。どんな時もいつまでも。』とお話しするのです。寝ている間に抱っこして語りかけます。途中、子供が大人になっもそれをしていて、ちょっとヤバいお話かな?と思いましたが、その後、お母さんはおばあさんになります。もう、抱っこしに行く力もなくなってしまいました。今度は、息子がお母さんを抱っこしていました。そしてお母さんは、亡くなり、最後は息子が自分の赤ちゃんを抱っこして、同じように語りかけていました。
母親と息子の関係って、また同性とは違いのでしょうね。
Commented by mon21mon at 2018-05-29 08:39
☆dialogueさん
sunset lineさんとのやりとり、拝見いたしました。
いつしか、フィルム現像出しても同時プリントをしなくなりました。そして、昔は自然と溜まったL版のアルバムが、出来なくなっていきました。
スキャンだけしてL版プリントがたまらないのならデジカメの方がよっぽどいいカットが撮れる。これがフィルムでカラーを使う率が少なくなった大きな理由です。
子供のアルバムも、デジカメ、フィルムスキャン、問わず、まとめてL版プリントしていましたが、億劫さに止まってしまいました。
で、今は年に一回、一年の記録と言うことで、富士の製本型のアルバム作成依頼をしています。せいぜいが、50〜60カットになりますし、一コマあたりの大きさはL版より小さくなりますが、コメントを色々入れられたりと言った楽しさがあります。でも、頑張ってL版もう少しプリントしないとなーと思っています。
それ以外は、6切りの銀塩プリントのみのアルバムでも作ろうと思っています。こちらは、息子が、自分の子供でも出来た辺りに渡せたらいいと思っております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Rose      Before and afte... >>